マイクロチップ

先日上海に駐在の際ワンコを持ち込んだ、という方の
ブログを読んでハッとしたことがあった。

こまちには台湾を出た際に入れたマイクロチップが
今直彼女の身体中でうごめいているのだが
台湾で使用されていたマイクロチップ(数字10桁)に対し
上海で使われているチップの規格は15桁だ、というのだ…。

そこで何が起こりうるか、というと
今入っている10桁チップは上海のチップリーダーで読み込むことが
できないかも…だって!!

…でそのブログの著者さんは
ワンコの身体に再度規格にあったチップを入れたらしい。。

うーん、なんてこったい…。

ってか、なぜ統一しないんだ!?

悩ましい…。

早速気になったもんで問い合わせスタート。

まず、県内の検疫所にTEL。
「(日本から海外への)持ち出しに関しては受け付けてない」とのこと。
なので次は総領事館にTEL。
今度は「基本的なことしか判らないので詳細が知りたければ
上海の空港の検疫局に問い合わせろ」とのこと。

うーん、役所的対応だね。

こっちも「わかった、じゃ上海の空港に問い合わせるから番号教えろ」と
あっさり言ってみたものの
そんな細かな中国語を話す自信ゼロ。
英語でも大丈夫って言ってたけど…、中国人の英語はあてにできないし。

早速「壁」が。

やっぱり中国語をちゃんとやっとけばよかった、と後悔。

しゃーないのでダンナに頼るか…。
[PR]

by komachimako | 2008-10-28 10:43 | 駐在準備
line

日々の生活やらペット達やら語学やら勉強やらピラティスやらご飯やらレジャーやら


by komachimako
line